平成27年度 金田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 24 21 39 47 159 331 423 573 145
定義
平成27年度の一般病棟の退院患者さんの人数を、10歳刻み(入院時年齢)で集計しています。
90歳以上は同じ階級として集計しています。
各項目で症例数が10例未満の場合は「-」を入力しています。

特徴
当院では50歳以上の患者さんが多く、全体の92.5%を占めています。
中でも80歳代の患者さんが最も多く、全体の32.5%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的結腸ポリープ粘膜切除術等あり 196 2.08 2.76 0.0% 66.4
040080x099x0xx 細菌性肺炎、急性気管支炎(15歳以上) 54 23.94 14.34 7.4% 83.8
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 51 30.82 21.69 9.8% 85.1
内科の特徴
内科の入院患者さんで最も多いのは、小腸大腸の良性疾患です。 大腸ファイバー検査を行い、大腸ポリープなどを切除・摘出した場合に1泊程度の入院をして経過観察を行います。比較的若い患者さんが多く、平均在院日数も全国平均より少し短くなっています。
また、肺炎の患者さんも多く、平均年齢が80歳代となっています。
細菌性肺炎とは、肺が細菌感染し急性の炎症がおこった状態です。 治療は抗菌薬の点滴などを行います。
誤嚥性肺炎とは、食べ物などが食道ではなく誤って気管に入り、肺に流れ込んだ細菌に感染し急性の炎症が起こった状態です。絶食し抗菌薬の点滴などを行います。
当院は急性期病棟の他に地域包括ケア病棟(急性期治療を経過し状態が安定した患者さんに対して、在宅や介護施設への復帰に向けた医療や支援を行う病棟)を設けており、肺炎の患者さんは急性期の後、地域包括ケア病棟へ転棟して治療する場合が多くなっています。
その為、急性期病棟のみの病院も多い全国平均と比較すると、平均在院日数が長くなっています。 
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x003xx0x 鼠径ヘルニア(15歳以上)腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術あり 26 4.88 4.96 0.0% 67.6
160690xx99xx0x 胸椎・腰椎以下骨折損傷(胸腰髄損傷含む)手術等なし 18 27.33 21.52 16.7% 72.6
060160x002xx0x 鼠径ヘルニア(15歳以上)鼠径ヘルニア手術あり 17 4.82 5.14 0.0% 76.4
外科の特徴
外科は鼠径ヘルニアが多くなっています。 当院での鼠径ヘルニアの手術は、腹腔鏡下で行うものと、従来の根治術の2つがあります。
腹腔鏡下で行われる手術が増えてきました。 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術とは、お腹に小さな穴を3カ所程度開けて、そこから腹腔鏡というカメラを挿入してお腹の中を映します。その映像を見ながら、別の穴から挿入した手術器具を用いて患部の治療を行います。根治術は鼠径部を直接切開し、直視下で行う手術です。
どちらの手術になるかは医師が診断に基づき、患者さんの希望や状態によって決定されます。
他に脊椎の骨折も多くなっています。 高齢者の方に多い圧迫骨折が大半を占め、コルセットを装着し保存的に加療します。
鼠径ヘルニアはほぼ全例、急性期病棟からの退院ですが、脊椎骨折は地域包括ケア病棟へ転棟・加療してから退院する症例があるため、平均在院日数も長めになっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術等あり 73 38.90 28.70 24.7% 83.2
070080xx97xxxx 上肢の滑膜炎・腱鞘炎・軟骨の炎症 腱鞘切開術等あり 30 2.03 8.45 0.0% 64.5
160760xx97xx0x 前腕の骨折 観血的整復術等あり 22 10.09 5.70 0.0% 63.0
整形外科の特徴
整形外科で最も多いのが、大腿骨頚部骨折による手術目的での入院です。 太ももの辺りが骨折し歩行困難な患者さんに対して、折れた骨(骨頭)を取り除き、人工物でできた骨頭に置き換える手術(人工骨頭挿入術)や骨折整復術を行います。 高齢者の方が多く、退院に向けて地域包括ケア病棟でリハビリを継続する症例が多いため、平均在院日数も長めになっています。
腱鞘炎に対する腱鞘切開術では、多くの症例で、術後リハビリを行い1泊2日程度で退院しています。
前腕骨折は整復手術後にリハビリを行います。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋内損傷 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等あり 27 12.37 10.02 11.1% 79.5
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)エダラボンあり 23 28.70 18.08 34.8% 74.2
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満)手術等なし 20 29.70 15.80 15.0% 82.6
脳神経外科の特徴
脳神経外科で最も多いのは、頭蓋内損傷での入院です。 その中でも多い慢性硬膜下血腫とは、軽微な頭部外傷などにより、頭蓋骨の内側で脳を包んでいる硬膜と脳の間に徐々に血が溜まって、血腫になった状態です。 頭部に小さな穴を開け血腫を外に出す手術を行います。
脳梗塞の患者さんも多くなっています。 その中でもエダラボンと呼ばれる脳保護薬を投与している症例が増えています。 ADL向上のために早期からリハビリを開始しています。 脳梗塞も急性期経過後に地域包括ケア病棟へ転棟して加療する症例が多く、平均在院日数が長くなっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル検査あり 59 4.42 3.07 5.1% 74.9
050130xx99000x 心不全 手術等なし 13 63.15 18.30 30.8% 82.1
050080xx9910xx 弁膜症 心臓カテーテル検査あり - - - - -
循環器内科の特徴
循環器内科の入院で最も多いのは、心臓カテーテル検査入院です。 カテーテルと呼ばれる器具を用いて心臓の機能の検査をします。 3泊4日程度の入院になります。
心不全とは、心臓の血液循環力が低下した状態を指します。 血液循環力低下の原因を検索し、それぞれの原因に応じた治療を行います。 平均在院日数が長くなっていますが、一般病棟の後に療養病棟へ転棟した方の症例も含むため非常に長くなっていますが、その症例を除いた平均在院日数は「20.9日」となります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1:UICC TNM分類 第7版
大腸癌 - - - - - 11 1:UICC TNM分類 第7版
乳癌 - - - - - - 1:UICC TNM分類 第7版
肺癌 - - - - - 23 1:UICC TNM分類 第7版
肝癌 - - - - - - 1:UICC TNM分類 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
定義
「5大癌」とは、胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんを指します。
「初発」とは、自施設において当該腫瘍の診断や初回治療を実施した場合をいいます。
「再発」とは、自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後に自施設で診療した場合や、がん寛解後の局所再発・再燃、新たな遠隔転移をきたした場合をいいます。
「UICC病期分類」とは、UICC(国際対がん連合)によって定められた悪性腫瘍の分類で、「原発腫瘍の拡がり」「所属リンパ節転移の有無と拡がり」「遠隔転移の有無」の3要素によりStageⅠ期~Ⅳ期に分類します。現在の最新版は「第7版」です。
各項目で症例数が10例未満の場合は「-」を入力しています。

特徴
当院では、入院で加療する「初発」の患者さんは、各がん種ともに10症例以下となっています。 連携している他の医療機関から紹介された患者さんの受入を多く行っているため、「再発」となる症例が多くなっています。 また、抗がん剤治療を外来でも行える体制を整えているので、入院での症例は減ってきています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - - -
重症度 1 - - -
重症度 2 23 41.04 84.8
重症度 3 19 22.05 83.7
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
定義
「市中肺炎」とは、日常生活を送っている中で、病院など医療機関以外で発症した肺炎の事をいいます。
「肺炎の重症度」とは、2007年に日本呼吸器学会が刊行した「成人市中肺炎診療ガイドライン」に掲載された市中肺炎の重症度分類の事を指します。
この項目に含まれる肺炎は「肺炎レンサ球菌による肺炎」「インフルエンザ菌による肺炎」「細菌性肺炎」などです。
各項目で症例数が10例未満の場合は「-」を入力しています。

特徴
当院では、重症度2~3の患者さんが多く、入院加療が推奨される中等度~重症の肺炎患者さんが多いという事になります。
平均年齢も80歳代と高めになっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 73 30.34 79.5 32.9%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
当院に脳梗塞で入院される方は、発症3日以内が多くなっています。 急性期を経過した後に地域包括ケア病棟へ転棟してリハビリを行う症例が多いです。 退院後に回復期リハビリテーション病棟のある病院へ転院するケースもあります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 143 0.18 1.04 0.0% 66.7
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 53 0.42 1.09 0.0% 65.8
K6182 中心静脈注射用埋込型カテーテル設置(頭頸部その他) 11 24.00 45.18 0.0% 80.9
内科の特徴
大腸ファイバーを用いたポリープ切除術が多くなっています。 これらの手術は内視鏡室で行います。
埋込型カテーテル設置は、外科と連携して行います。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 26 0.96 2.92 0.0% 67.6
K6335 鼠径ヘルニア手術 20 0.85 4.45 0.0% 75.7
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 12 0.08 1.00 0.0% 69.1
外科の特徴
鼠径ヘルニアの手術が多くなっています。 腹腔鏡下手術の方が術後日数が短くなります。
大腸ファイバーを用いたポリープ切除術は外科でも行われています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(上腕、大腿) 69 3.78 35.77 20.3% 82.2
K028 腱鞘切開術 30 0.00 0.40 0.0% 64.5
K0461 骨折観血的手術(前腕、下腿) 28 2.32 32.86 0.0% 63.3
整形外科の特徴
四肢の骨折整復術が多くなっています。 中でも大腿骨折が多く、平均年齢も高くなっています。
腱鞘切開術も多くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 24 1.79 12.5 8.3% 81.8
K1426 椎弓形成術 - - - - -
K664 経皮的内視鏡下胃瘻造設術 - - - - -
脳神経外科の特徴
慢性硬膜下血腫手術が多くなっています。 平均年齢も高くなっています。
その他にも脊椎の手術や胃瘻造設なども行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K620 下大静脈フィルター留置術 - - - - -
K539 心膜切開術 - - - - -
循環器内科の特徴
心臓血管外科の医師と連携を取り、行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
定義
「播種性血管内凝固症候群(DIC)」「敗血症」とは、感染症、悪性腫瘍に合併することが多い疾患です。
「真菌感染症」とは、真菌(カビの一種)に感染している状態です。
各項目で症例数が10例未満の場合は「-」を入力しています。

特徴
当院では、各項目で10例を超える症例はありませんでした。 
播種性血管内凝固症候群と敗血症が数例あり、感染症の経過中に合併した方がほとんです。
手術・処置の合併症は患者さんの要因等を含め、数例みとめられています。 主に出血、縫合不全、感染です。
更新履歴
2016/09/28
新規作成